お弁当

家庭料理の焼きおにぎりをもっと美味しく食べる工夫を自由にしてみよう

焼きおにぎり

この記事では、焼きおにぎりをご紹介します。

おにぎりはお弁当で職場にお弁当として持っていくだけではなく、家族でのピクニックやお花見などでも持っていくことがありますよね。

おにぎりの特徴として、家はもちろん外でも食べやすいという特徴がありますよね。

でも私は、おにぎりはどんな料理とも合うし、どんな場面でも手軽に簡単に食べられるとっても優れている家庭料理だと考えています。

もちろん、コンビニでは本当に美味しいおにぎりを365日24時間買うこともできますが、やっぱり家庭で作るおにぎりは美味しい。

正確には美味しく感じてしまうとでも言うのでしょうか。

これはもう個人の感覚でしかないと思いますが、私にとってのぽんちゃんが作るおにぎりは本当に美味しくて食べた瞬間に幸せを感じさせてくれる料理なんです。

おにぎりの種類もたくさんありますが、今日ご紹介するのは焼きおにぎりですよ。

おにぎりは、糖質が多いので食べ過ぎには注意が必要ですよ。

標準的な体重よりもオーバーしている方が痩せたいと考えている場合には、1回の食事でおにぎりは1個までにする、家庭料理でおにぎりを作る場合にはおにぎりの大きさや重さを考えることが重要ですよ。

いくら1回の食事で1個までと言っても、特大の大きいおにぎりを食べていてはせっかくジムでダイエットトレーニングをしたとしても痩せることが難しいですよ。

いろんな焼きおにぎりを考えてみよう

普段、コンビニやスーパーでおにぎりを気軽に買って食べていると言う方もたくさんいると思います。

コンビニやスーパーで売られているおにぎりは、間違いなくうまいんです。

それは、おにぎりのプロが作るからしょうがないですよね。

それでも、家庭で作るおにぎりも負けてはいませんよ。

今日は焼きおにぎりの種類について考えてみましょう。

焼きおにぎりに何をトッピングする?

焼きおにぎり

焼きおにぎりをイメージした時にあなたは何をおにぎりにトッピングしていますか?

少し考えてみましょう。

  1. 塩おにぎりをそのまま焼きおにぎりにする
  2. 天かすをトッピングした焼きおにぎり
  3. チーズをトッピングした焼きおにぎり
  4. 味噌をトッピングした焼きおにぎり
  5. 醤油をトッピングした焼きおにぎり
  6. 昆布をおにぎりに入れた焼きおにぎり
ポンちゃん
ポンちゃん
アイディアや食べたい具材を考えるだけでもワクワクしてきちゃうでしょう。

自分が食べるものや家族が食べるものにアイディアや工夫というスパイスを入れて楽しくおいしく手軽な焼きおにぎりを作ってみましょうよ。

焼きおにぎりの焼き加減はどうする?

焼きおにぎり

焼きおにぎりでもう一つ重要な要素は、焼き加減ですよね。

個人の好みを反映できる家庭料理ならではの焼きおにぎりを楽しみましょう。

ポンちゃん
ポンちゃん
違う家事などをしているとついつい焼きおにぎりを作っているのを忘れてしまいついつい焦がしてしまうこともあるんだよね。

焼きおにぎりを家庭で作ることで、失敗も楽しめる心の余裕を鍛えることもできますよ。

  1. カリカリに焼き上げる
  2. こんがり全体的に焼き目をつける
  3. さらっと温める程度
  4. チーズなど具材をカリカリに焼く

おにぎりは日本の文化ですが、家庭で作る焼きおにぎりは、あなたの家庭の大切な文化です。

美味しい焼きおにぎりを考えて工夫をして、家族みんなで美味しく頂きましょう。

はちと
はちと
焼きおにぎりはとっても美味しいんだけど、食べすぎちゃうと私のように標準体重を10kg以上もオーバーしちゃうことにも繋がりますので、きちんと考えて食べすぎないようにコントロールして行きましょうね。