ホットプレート料理

焼肉バーベキューをホットプレートで楽しみ家族をリラックスさせる家庭料理

焼肉BBQ

この記事では、家庭で作るホットプレートの焼肉バーベキューをご紹介します。

家庭での食事は本当に気楽で、リラックスしながら自然体で食べれることができるのでそれだけで、本当に何でも美味しく食べられますよね。

休日に山や川などに出かけてバーベキューを楽しむ方もいるかもしれません。キャンプ場で作る本格的な料理やバーベキューも美味しいですよね。

でも、1番美味しいのは家庭料理のホットプレートで作る焼肉バーベキューだと確信しています。

焼肉バーベキューの買い出しをしよう

買い出し

家庭料理のBBQもアウトドアでテントを張って作るバーベキューも食べる食材の準備が必要です。食材の準備を楽しめるかどうかで、バーベキューの美味しさも変わってくるから本当に不思議です。

はちと
はちと
今日は焼肉パーティーにしよう!
ねーちゃん
ねーちゃん
良いね!私が買うものをメモしてあげる
買い物リスト
ポンちゃん
ポンちゃん
それじゃ、まずは何が食べたいか考えていきましょう。
ぼーちゃん
ぼーちゃん
お肉食べたい。お肉!
はちと
はちと
食べやすい薄い肉とステーキ肉を買おうか。

あとパパとママはビールを買うから、ねーちゃんメモしてね。

野菜とウィンナー
ポンちゃん
ポンちゃん
お野菜もバーベキューには必要ね。冷蔵庫にお野菜はあるから買わなくても大丈夫ね。あとウィンナーもあるから食べましょう。
ねーちゃん
ねーちゃん
メモ了解!

  1. 薄いお肉
  2. ステーキのお肉
  3. ビール

メモできたから買い物をしに行こうよ。

家庭の冷蔵庫にあるものを臨機応変に活用したり、あまりものを適当に使ってもOKですよね。アウトドのバーベキューと家庭のバーベキューの違いは何と言っても手軽さ。家庭バーベキューを手軽にもっと楽しみましょう。

子供には、ホットプレートを使った家庭のバーベキューでイベントを計画、提案することやイベントの手順や準備すること、みんなでアイディアや考えを話し合いながら進めて一緒になって楽しむということを、家庭料理の中で教えていますよ。

焼肉バーベキューを楽しもう!

焼肉ホットプレートでバーベキュー

焼肉バーベキューにルールはありません。肉から先に焼き始めても良いし、野菜を先に焼き始めたって良いんです。この自由を楽しむこと、そして家族でワイワイと話しながら肉を先に焼こうか、野菜を先に焼こうかとコミュニケーションをとることで食事が美味しく食べられるんですよね。

子供たちはまだ小さいので実際に焼肉を焼いたり、野菜を焼いたりはできません。でも準備から焼く順番なども会話することで自分もホットプレートを使った焼肉バーベキューを作っている、楽しんでいるという当事者意識が芽生えると考えています。

ただ出来たもの食べるだけだと、計画する苦労と楽しさ、準備する大変さや楽しさ、周囲に強力してもらう苦労とありがたさ、一緒に成し遂げた時の喜びを感じることは出来ません。

自分のできることを精一杯楽しみながら行っていくことを家庭料理を通じて教えています。

今回は、最初に時間のかかるステーキにくとウィンナーとお野菜を同時に焼いていきましたよ。ホットプレートではカテゴリー毎に分けていろんな食材を一度に焼けるので見た目でも焼肉BBQを楽しめますよね。

ウィンナーは子供も食べやすいので家庭で作るホットプレートの焼肉BBQではオススメの食材です。

焼肉BBQ

ステーキがある程度焼けたら、アルミホイルで包んで少し蒸しておきます。その間に薄い焼肉をどんどん焼いていきましょう。ステーキ肉は厚みがあるので、少し食べにくいのですがねーちゃんは、厚い肉にもチャレンジできるようになってきました。

ボーちゃんには薄いお肉が食べやすいみたいで、ステーキ肉には興味も示しません。家庭で子供たちと一緒に食べる時間をゆっくりと楽しむこと、食べていることや会話、そして態度なども冷静になって見ると成長を感じられますよ。

普段仕事が忙しくて子供との時間が取れないと悩んでいる方は、外にレジャーに子供を連れていくことも良いとは思いますが、身近な家庭でのBBQでも家族と過ごすかけがいのない時間を子供はしっかりと受け止めてくれると思います。

きっと場所じゃないんです。大好きなパパやママと一緒にリラックスした状態で、安心して少しわがままを言いながら楽しい時間、食事ができればその空間や時間が素敵な思い出となり心に記憶に残ってくれると信じています。

私は子供の頃の何気ない家庭での食事やホットプレート料理が今でも鮮明に心と記憶に残っています。

ホットプレートで野菜を食べよう

最後は、野菜焼きパレード。ナスに玉ねぎにカボチャ。お肉とご飯だけではダメで、やっぱりお野菜をとることで栄養バランスが整い、健康的な体を作ることが出来ます。

ダイエットをしている私は野菜を意識的に、積極的に取るように心がけていますが、子供たちは意識的に野菜を遠ざけようとします。子供の成長の為と考えてただ野菜を食べようとか、カボチャにはベータカロテンが入っているから体にいいんだよってな難しい知識を話しても子供には通じません。

はちと
はちと

自分たちで楽しみながら焼いた野菜なら、ちょっとだけ野菜をかじってみる。普段は全く食べない野菜をひとかじりだけでも、食べられた。

栄養としては全然足らないのは理解しています。でもね、勇気を出して一口だけチャレンジした勇気と行動を私はメチャメチャ褒めます!!

私も過去に苦手としていた野菜。気持ちはわかります。そして、勇気を振り絞った行動もわかります。だからこそ、家庭料理には人を育てる力があると私は信じて、確信しています。

忘れてかけていたステーキ肉をつまみに

ステーキ肉

子供たちもお腹が一杯になり遊び始まったころ、ステーキ肉を食べていなかったことに気付きました。まぁ、家族でゆっくりと楽しく話しながら食べていると、楽しみにしていた食材よりも楽しい会話や態度や思いが溢れてきて、ステーキ肉の存在を忘れてしまうこともありますよね。

そうなんです。我が家では食材はメインではないです。食事のメインは家族みんなで楽しむこと。食材はあくまでサブ的なものなのです。家族との時間や一緒にいる空間が1番のメインとなっています。

それでも、楽しみにしていたステーキ肉ですから、ビールと一緒に美味しく頂いちゃいましょう。子供たちはごちそうさまして、遊び始まったのでぽんちゃんとビールのおつまみにしてステーキ肉を楽しみました。

はちと
はちと
お肉にはワインの方が良かったかな?なんて考えながらもビール好きな私たちは、アウトドアのBBQでも家庭のBBQももっぱらビールです。

自然体で食事を楽しむことを増やそう。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。家庭料理に込める思いは様々です。時には思いが強すぎて、家族と衝突してしまうこともあるでしょう。

そんな時には、食材に逃げてもいいのではないでしょうか?つまり、食材のせいにしてしまうのです。そしてスイッチをカチッと切り替えて、気分を変えて家族に接してみるのもオススメですよ。

家族でも1人1人価値観や考えてや感情、気持ちが日々、その時その時によって変化します。同じような料理を作り、同じ様に焼肉BBQをしてもうまくいく時もあれば、何か気分が乗らない時もあるのが当たり前です。

友達とアウトドアBBQをすると、気分が乗らない時でも楽しいフリをすることってあるじゃないですか?自分の気持ちを抑えて、キャラクターを演じることありませんか?私は少なからずありました。

でも、家庭ではありのままの自分でいいんです。無理をしたり、気を使うのは会社の飲み会や友達とのイベントだけでお腹いっぱいです。

家庭では、素の自分でリラックスしていられるから本当にいいんです。ありのままの自分でいられる時間や空間をもっと増やして、楽しみ人生をより充実させていきませんか?

ホットプレートで作る家庭料理のバーベキュー、とってもオススメですよ。