間食

家庭で簡単バナナでヘルシーおやつアイスを作ろう!

バナナアイス

この記事では、家庭で簡単に作れるヘルシーなバナナアイスをご紹介します。

家にいる時に急にアイスが食べたくなる時ってありますよね。

でもちょっと待ってくださいな。アイスクリームは美味しいのですが、カロリーも高くて脂質も多いのです。

バナナアイスの特徴

  1. バナナはヘルシー
  2. アイスにしても甘みを感じられる
  3. 家計に優しい(スーパーでバナナを安く買える)
ラクトアイス(100g) バナナアイス(100g)
エネルギー 224kcal 86kcal
タンパク質 3.1g 1.1g
脂質 13.6g 0.2g
炭水化物 22.2g 22.5

小ぶりのバナナ1本約80g、大きいサイズになると120gを超えるものもありますよ。

エネルギーと脂質はバナナが低くヘルシーですね。

でも、炭水化物はラクトアイスもバナナも変わりませんので、バナナも食べ過ぎには注意しましょうね。

アイスクリームによってはエネルギー、脂質、炭水化物がもっと多いものもあるので、ぜひ食べる前に商品の成分表をチェックしてみてくださいね。

簡単バナナアイスの作り方

バナナアイスは子供でも簡単に作れちゃうほど簡単に家庭で作れるヘルシーアイスです。

用意するものは、バナナ、割り箸、ラップです。

子供にも作り方を教えてみんなで楽しく作りましょう。

お子さんが食べる場合には、小さくカットしてからバナナを冷凍することをオススメしますよ。

アイスクリームのように持って食べたい場合には、割り箸などをバナナにさして作りましょう。

工夫次第でチョコレートをつけてチョコバナナにしても良いし、アラザンやトッピングシュガーを添えても楽しいですよ。

持って食べれるバナナアイスを作ろう

バナナ

割り箸をバナナにさせば完成です。子供も自分でアイスが作れるので楽しんでバナナアイス作りができちゃいますよ。

バナナに割り箸をさす

ラップに包んで冷蔵庫に入れたら明日にはバナナアイスを食べられますよ。

子供が食べやすい一口バナナアイスを作ろう

お子さんがまだ小さい時には、小さい一口バナナアイスを作ってあげると食べやすいですよ。

アイスなので冷たくて途中で食べれなくなる場合でも、1口サイズなら食べたいだけ食べられますよ。

一口バナナアイス

一口サイズにバナナをカットできたら、ラップに包めば完成。冷蔵庫で1日冷やせばとっても美味しい一口バナナアイスが出来上がり。

一口バナナアイス

簡単に家庭で作れるバナナアイスで家での時間を楽しむ工夫をして見みませんか?

美味しくてヘルシーで家計にも優しいバナナアイス、オススメですよ。